メディアMEDIA

転職か副業か??収入を上げるために考えること

仕事
転職か副業か??収入を上げるために考えること

景気の低迷が続き、現職での手取り給与の増加はなかなか見込めない・・・。 そんな中、収入を増やしたい、そう思った時に一番に思いつくのは今の働き方・環境を変えること。 つまり転職するか副業を始めるかのどちらかを選ぼうとするはずです。今回は経済的なメリットやライフサイクルも踏まえ、それぞれの視点からそれぞれの特徴をお話しします。

「即時性」

転職:勤務開始すれば直ぐに収入UP

副業:一定額までに達するには、時間が必要な場合がほとんど
転職であれば事前に面談等で提示・確約された金額を受け取ることが決まっているので入社翌月にUPした給与の受け取りは可能です。 反対に副業で5万円の現金を手にするには最低でも3か月から5か月くらいの準備期間が必要と見込まれます。

「年収・収入額」

転職:1500万円くらいが上限である場合がほとんど

副業:0~∞(制限なし)
一般的企業への転職であればだいたい1000~1500万円が上限になっており、そのレベル以上の求人はヘッドハンティングされる場合か、 特殊な技能や資格、実績が必要な場合がほとんどのようです。 一方、副業の年収額は自身で設定してしまわない限り無制限です。

「能力・スキル」

転職:企業内で生き抜く力

副業:自力を駆使して生き抜く力
副業では汎用性が高く「つぶしの効く」スキルがほとんどの場合で身につく傾向にありますが、その一方転職の場合は他社で生きるスキルというのはそう多くはない。 今後どのような人生を歩んでいきたいか、そのためのキャリアマップをどう描いているか?によっても選択肢には違いが出てきます。 副業に限って言えば特に元手を必要としないものも多くあります。初期投資もほとんどかけず済むようであれば、思い立ったときに始めてしまうのも選択肢の一つかもしれません。 比較対象を経済面に限らず、それを始めることで得られるスキルなど総合的に判断していくことが重要ですね。