メディアMEDIA

税金を払わず賢く生きる!「税金の実態」を知る

マネー
税金を払わず賢く生きる!「税金の実態」を知る

日本のサラリーマンは給料の4~5割を税金と社会保険料で取られ、一説には江戸時代の農民より重い税を課せられていると言われています。 その一方、お金持ちは法律を熟知して税金から逃げているのが現状です。できるだけ税金を払わず賢く生きる為に、税金の実態を理解しましょう。 ​​

【住民票を海外に移す】

お金持ちが資産を持って海外に移住するという話を聞いたことがあると思います。日本人が海外に住むと所得税と住民税が大幅に安くなるからです。 住所地が海外にある人には、日本で生じた所得にしか所得税は課せられないのです。もちろん海外に住民票を移せばその国で税金を取られますが、 日本で取られる分より安ければその差額分だけ安くなってお得ということです。さらにほとんどの国は日本より税金が安いのです。 また、条件によっては日本海外を行き来してる場合、完全に海外に居住しなくても日本の非居住者になることも可能です。 ​​

【自営業者になって税金を削減】

自営業者はサラリーマンと比べ大幅に税金を安くすることが可能です。その理由は経費にあります。自営業者は自分の個人的な支出(生活費)に近いものまで 経費として計上することができるので、その分、税金を少なくすることができるのです。生活費と事業の経費の区分は曖昧な面が多く、 例えば自宅で仕事をしている場合は家賃や光熱費の一部、また電話代や交通費などあらゆる生活費を経費として計上できることになります。​ ​

【医療費控除を理解する】

私たちの生活でもっとも身近な節税は医療費控除です。これは一定以上の医療費がかかった場合、その分を課税所得から減額するというシステムです。 医療費控除の対象になる項目は広く、病院で支払った額だけではなく市販薬や交通費も対象になります。

このように、法律を熟知すると節税の方法はたくさん見つかります。 正しい知識を身に付けて、必要のない税金を払わないこともお金持ちになるために必要不可欠な方法なのです。 ​ ​