メディアMEDIA

心が折れるとはどんな状態か

仕事
心が折れるとはどんな状態か

心が折れる、それまで積み重ねてきたものが崩れ、精神的にくじけてしまう状態を指します。

仕事や普段の生活、友人関係、恋愛や運動など、あらゆる場面で努力が報われなかったとき、 多くの人々は心が折れてしまい

頑張る気持ちが失せてしまいます。また、心が折れてしまうような状況は、それまで持っていた希望や前向きな意欲、

やる気などの明るい気持ちを失わせるきっかけとなります。 ​

心が折れやすい人の特徴そして対策 ​

自分に自信が持てない人

→「自分はダメなんだ・・・」「何も頑張れていない」「どうせ自分なんて・・・」など、自己否定の感情が連続して起こることで

気持ちはどんどん落ち込んでしまいます。 結果に0か100を求めるのではなく、及第点を設定するといいでしょう。さらに、

今「できている」ことに目を向け、 自分で褒めていく癖を付けましょう。自己肯定感が高まると、心が折れにくく成長していくはずです。 ​

・ネガティブ思考の傾向

→失敗したら嫌だ、嫌われたくない、出来ないと思われたくない・・・とネガティブな思考が癖になると、ネガティブな出来事をますます

引き寄せる原因になります。それでは嫌な出来事が多くなり、心が折れてしまう条件が揃ってしまいます。 すべて前向きに!とするのは

なかなか難しいと思います。ミスや失敗は成功までの過程である、くらいの気持ちを持って過ごすことで、 自身のメンタルを

保っていけるでしょう。 ​

・自分に甘い

→自分に甘い人の特徴には「だらしない、マイペース、欲望に忠実な人」が多く、 やろうと習慣づけた行動を三日坊主で

放棄してしまったり、プライドが高く聞く耳を持てない場合が多いです。 自分を厳しく律して計画通り実行すべし!とするよりも、

まずは「やるべき時にやるべきことをやれる人」であることを目指しましょう。 そのためには小さな目標を立てて実行するなど、

出来そうな計画を実行・達成し自分を褒めてあげることも効果的です。 ​ 様々な変化が突然降りかかる近年では、誰しも

心が折れるような瞬間があると思います。

折れにくい心、もし折れても重症化する前に対処できる術を身に付け、健やかな日々を過ごせるよう参考になれば幸いです。 ​